千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院サイト =赤ちゃんとご家族の健康を診療いたします  小児科、アレルギー科、内科=

千葉県八街市 八街こどもクリニック(小児科,アレルギー科,内科)

You are here :TOPページ>>情報・コラム>>児童情報>>第1話 鉄欠乏性貧血と牛乳

Main contents

TOPページ
千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 病院・診察案内病院・診察案内
千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 診察内容診察内容
千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 交通案内御来院 交通案内
千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 子育て子育て
千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 情報・コラム情報・コラム

About us

千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 問い合わせ問合せ
千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 院長略歴院長略歴
サイトマップ
リンク

小児科・アレルギー科・内科!!


八街こどもクリニック
〒289-1114       千葉県八街市東吉田517-57
TEL(043)440-6681
FAX(043)440-6682


千葉県八街市(小児科・アレルギー科) こどもクリニック

千葉県八街市(小児科・アレルギー科) こどもクリニック

千葉県八街市(小児科・アレルギー科) こどもクリニック

千葉県八街市(小児科・アレルギー科) こどもクリニック

千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院

育児相談・発達のお悩みなら千葉県千葉市・幕張まくはりママの家

ようこそ千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院サイト
『八街こどもクリニック』 情報・コラム 児童版

千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院 このページは千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院
『八街こどもクリニック』の情報・コラムのページです。

子供の成長と教育についてのお話です。




児童・TOP児童の成長について


●●●鉄欠乏性貧血と牛乳●●●

  近年、子どもからOLや女子大生、主婦らに鉄欠乏性貧血が増え
続けています。
特に問題なのは妊産婦の貧血です。その背景に牛乳の過剰摂取が
あることには、気づかれない場合が多いのです。
一般に牛乳は鉄分が多いように思われがちですが、実際には野菜、
海草、小魚の方がずっと多いのです。
40-50年前の食卓には、水やお茶がだされることがあっても、牛乳が
でることはありませんでした。水やお茶にはカロリーがありませんから、
いくら飲んでも鉄分を多く含んだ食べ物を充分とることができ、貧血に
なることは少なかったのです。
ところが、もし牛乳を500ml飲んでしまうと、0.5mgの鉄分(白米の100g
相当)が体に入る一方、250kcalもの熱量をとってしまうことになり、
その分鉄分を多く含んだ食事はできなくなります。
煮干や昆布をだし汁にして野菜や海草をたっぷり入れたみそ汁、ほう
れん草のおひたし、ごまをまぶしたおにぎり、小魚の佃煮といった献立
ならば、鉄欠乏性貧血になる心配はほとんどありません。
産後のマタニティーブルーの多くが、 鉄欠乏性貧血によるものだとは
まだ気づかないことが多いのが現状です。

(お困りごとは千葉県八街市 小児科・アレルギー科 八街こどもクリニックまで
ご相談下さい。)

千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院→ 児童情報の目次へ戻る。

情報・コラム目からうろこの医学情報・その他コラム


千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院→ 児童・第一話はこちら。


☆☆☆乳幼児・幼児の育児情報☆☆☆


千葉県八街市 小児科・アレルギー科病院→ 乳幼児・幼児の育児情報の目次。

このサイト内の画像・コンテンツ・デザイン等は著作権法で守られています。
お問合わせ
Copyright(C)since 2003.9
千葉県八街市(小児科・アレルギー科)八街こどもクリニック
All Rights Reserved. 千葉県八街市(小児科・アレルギー科) こどもクリニック